家庭教師で中学受験に成功することができた

中学受験を決めたのは娘が4年生の時でした。失敗したとしても公立に行くことができますので、精神的な負担は高校受験よりも少ないかも知れないという思いもありました。実際に受験勉強を始めてみますと、それなりに子供にも私にもプレッシャーというものはかかるものです。
娘はおっとりしているタイプで、わからないことがあっても、なかなか先生に聞きに行くということが出来ないこともありましたし、また集団授業ですと自分のペースでできないということもありましたので、家庭教師を選びました。
下の子も小さく、送り迎えも出来ないということもあったので、先生が自宅に来てくれるというのは大変ありがたいことでした。
さらに、中学受験に関してベテランの先生が家庭教師として来てくれていたので、安心感もありました。娘も先生にとても信頼を寄せていましたし、わからないことはその場でクリアになるという点でもすっきりしていたようです。
中学受験では、普段の学習というのもとても重要になってくるわけですが、家庭教師にそれぞれのプランを作ってもらうことができますので、より合った学習法で進めていくことができたという点でもメリットを感じました。合格できて本当にうれしかったです。