家庭教師の先生のお陰で、中学受験が成功しました

娘は三年生の時から中学受験を目指し、集団指導塾に通っていました。従兄妹のお姉さんが中学受験に成功し、綺麗な校舎で毎日学生生活を楽しんでいるのを見て、自分もと憧れたようです。
しかし六年生にもなると今までの勉強で積み残してしまった部分などが目立つようになり、成績が思うように伸びなくなってしまいました。娘自身もすっかりふさぎこんでしまい、食事もあまり喉を通らないというありさまに、親としては非常に心が痛みました。そこで中学受験をさせた私の姉に話をしてみたのですが、姉から勧められたのが家庭教師でした。
もし今の状態が少しでも良くなるならばと実際に家庭教師を頼んでみたのですが、娘にとってはこれがとても良かったようです。先生は一対一でとことん不安を聞いくれ、今まで積み残してしまった部分を一つ一つ丁寧におさらいしてくれました。そのおかげで並行して続けていた塾の方も成績が良くなり始め、娘も自信を取り戻したようです。
塾と家庭教師の二つを併用することは金銭面的にも大変でしたが、集団指導塾では足りない部分を補ってくれるのが家庭教師の良いところです。何か躓きがあった時には、その不安や問題と真っ向から向き合ってくれる家庭教師の先生を選ぶことで、結果が大きく変わると思います。