中学受験成功の秘訣は、家庭教師でした

娘が中学受験をしたいと言いだしたのは四年生の時で、どうやらテレビでたまたま放送された私立中学の様子を見て、中学受験を志したようです。しかしその時私は双子の子供を妊娠しており、とてもではないですが娘の受験にまで手がまわりそうにありませんでした。中学受験には親のサポートが不可欠だと聞きますし、中学受験のために通う塾の送り迎えなどもしてあげられない状況だったのです。

娘にぴったり合っていた家庭教師

それでも娘の希望を叶えたいと思い、選んだのが中学受験の指導経験豊富な家庭教師という選択肢でした。これならば送り迎えもありませんし、お弁当を作る必要もありません。幸い我が家には音楽用の防音室がありましたので、そこで静かに勉強して貰ったのです。

正直親の都合で選んでしまった家庭教師という方法でしたが、これが娘にはぴったりと合っていたようです。先生にとことん質問できるのが良いと娘自身が言うように、家庭教師の先生と一対一で密の濃い授業を受けることが出来たことが、娘の受験成功の秘訣でした。

家庭教師という方法を選んでも、大手の塾の模擬試験に参加することで全体の順位を確かめることも出来ますので、受験者全体の中での子供の位置づけを見失うこともありません。難関私大受験対策によって家庭環境やお子さんの性格によっては、家庭教師はとても有効な選択肢の一つだと思います。